とりあえずメモ書き

気になったこと、忘れそうなことはとりあえずメモ

料理

『まごはやさしい(まごわやさしい)』を毎日に食事に取り入れやすい方法

投稿日:2018年3月15日 更新日:

スポンサーリンク

『まごわ(は)やさしい』とは、栄養バランスが良くて健康的な食生活にかかせない和の食材の頭文字をとったもの。

『ま』=豆(まめ)
豆腐、納豆、油揚げなど

『ご』=胡麻(ゴマ)
ごま、ピーナッツ、アーモンドなど

『わ』=わかめ(海藻類)
わかめ、昆布、もずく、ひじき、のりなど

『や』=野菜(やさい)
トマト、ほうれん草、白菜、キャベツなど

『さ』=魚(さかな)
鮭、さば、いわし、さんまなど

『し』=しいたけ(キノコ類)
しいたけ、しめじ、エリンギ、まいたけ、なめこなど

『い』=芋(いも)
じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋など

これらを毎日バランスよく食することが大事。

スポンサーリンク

とはいえ、なかなか全ての食材を毎日の料理に取り入れるのは難しい。

てっとり早く『まごは(わ)やさしい』食材を料理に取り入れるなら鍋やみそ汁が楽。

全ての食材を簡単に取り入れられる。

そして、もうひとつ取り入れやすいのは納豆。

全ての食材を納豆と一緒に混ぜるだけ。

我が家では
・(ま)納豆、しょう油
・(ご)白ごま
・(わ)刻みのり、刻み昆布など
・(や)おくら、ブロッコリースプラウトなど
・(さ)鮭やサバのフレーク、ふりかけ
・(し)なめたけ
・(い)山芋の千切り

ネバネバした食材が中心になるので混ぜても合うし、簡単調理で飽きずに食べ続けられる。

だが、こうやって健康食材を並べてみると『バクダン丼』というのは最も健康的な和の丼物なのかもと思う。

バクダン丼にするなら、魚はまぐろに代えて温玉を乗せれるだけでOK。

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

得損『辛口添削』レシピ

スポンサーリンク 2018年3月15日(木)放送の日本テレビ系【得する人損する人《中川大志も仰天!一流シェフの辛口添削で腕自慢の芸能人赤っ恥》】 普段の料理に生かせる特ワザが多かったので記録。 【カル …

『まごはやさしい』其の二『どんぶり編』

スポンサーリンク 『まごわ(は)やさしい』とは、栄養バランスが良くて健康的な食生活にかかせない和の食材の頭文字をとったもの。   前回『みそ汁やお鍋にすると全ての食材を取り入れやすい』『納豆に混ぜると …

スロークッカーで簡単『軟骨ソーキ』を作る

スポンサーリンク 《材料》 ・軟骨ソーキ 500g ・だし汁 1カップ ・泡盛 50ml(1/4カップ)※無ければ酒でOK ・醤油 50ml(1/4カップ) ・黒糖 大さじ3 ※無ければ砂糖、キビ糖で …

キャベツの芯を取れば鮮度長持ち!

スポンサーリンク 料理をするときに、冷蔵庫に入っていると何かと助かるキャベツ。 我が家では、キャベツを千切りにすることが多いので 最近スーパーやコンビニなどでもよく目にする 袋入りのキャベツの千切りを …

血糖値が気になったら積極的に食べるべき食材

スポンサーリンク 【そば】 《ルチン》抗酸化物質。血糖値の上昇を抑え、インスリンを分泌するすい臓の働きを活性化し、血管を強くする。 ビタミンCの作用も強化する。 中国原産の『ダッカンそば』は通常のそば …