とりあえずメモ書き

気になったこと、忘れそうなことはとりあえずメモ

テレビ

TVで紹介された超簡単『いもレシピ』

投稿日:2018年3月16日 更新日:

スポンサーリンク

2018年3月15日放送の日テレ『秘密のケンミンSHOW』は『ホックホクで超激うま!全国絶品!いも祭り』は全国のいも料理の特集。

その中で紹介された、家庭で超簡単においしく作れる『ケンミンSHOWらくらくいもレシピ』が、我が家でも試してみたい料理ばかりだったのでメモ。

いも料理のレパートリーを増やしたい主婦におすすめ。

10位『味噌かんぷら』(福島県
おかず、おつまみ、おやつにもなる味噌味のいも料理。

《材料》
・じゃがいも
・油
★味噌50g
★砂糖30g
★みりん20g

《調理方法》
・普通サイズのじゃがいもは、皮付きのままー口大にカット。
(小さいじゃがいもならそのまま)

・フライパンに多めの油とじゃがいもを入れて、中火で揚げ焼きするように炒める。

・じゃがいもに串が刺さるくらい柔らかくなったら、★の調味料を入れてからめる。

9位『子供洋食』(群馬県桐生市
子供だけではく大人も喜ぶ1品。

《材料》
・じゃがいも
・油
・青のり
★干し桜えび(多め)
★ねぎ(ひとつかみ)
ウスターソース(多め)

《調理方法》
・ねぎを小口切りする。

・皮付きのじゃがいもを蒸かす。
面倒なら濡らしたじゃがいもをラップをしてレンジでチン(4個で約8分)

・蒸かしたじゃがいもを、キッチンぺーパーで擦って皮を剥がす。

・じゃがいもを一口大にカットして、フライパンで炒める。

・じゃがいもに焼き色が付いたら、★を入れる。

・お皿に盛ったら、青のりをかける。

スポンサーリンク

8位『じゃがいもまんじゅう』(福岡県八女市
ボリュームたっぷり。おやつに最適。
《材料》
メークイン
★水500cc
しょう油100cc
★砂糖100g
☆強力粉(600g)
白玉粉(150g)
☆塩(小さじ1)

《調理方法》
メークインの皮をむく。

・鍋に★とメークインを入れて、火をつける。

・ボールに☆を入れて、耳たぶくらいの固さになるまでコネて生地を作る。

・火を通したメークインを生地で包む。

・生地で包んだメークインを、熱湯に入れて4分茹でる。

7位『あげいも』(北海道)
ボリュームたっぷり。子供も喜ぶおやつに最高!

《材料》
・じゃがいも
ホットケーキミックス
・塩(適量)
・揚げ油

《調理方法》
・じゃがいもを塩ゆでする。

ホットケーキミックスで生地を作る。(じゃがいもに絡みやすくするために、生地は少し固めにしておく)

・塩ゆでしたじゃがいもに生地をからめて、170℃の油できつね色になるまで揚げる。

6位『さつまいものポテサラ』(鹿児島県)
新感覚の甘いポテサラ!

《材料》
・さつまいも
★ハム(お好み)
★マヨネーズ(お好み)
★粒マスタード(お好み)
★塩(ひとつまみ)
★こしょう(ひとつまみ)

《調理方法》
・皮付きのまま輪切りにしたさつまいもを、水に10分浸けてアク抜きをする。

・アク抜きしたさつまいもを鍋に入れて20分茹でる。

・茹でたさつまいものをボールに入れて、フォークで潰す
(食感を残すために固まりを残すくらいに)

・潰したさつまいもに、★を入れて混ぜ合わせる。

5位『いももち』(北海道)
チーズをトッピングしたりしてアレンジも豊富!

《材料》
男爵いも
・片栗粉
・油
しょう油(大さじ4)
★みりん(大さじ2)
★砂糖(大さじ3)

《調理方法》
・皮を剥き一口大にカットした男爵いもを10分茹でる。

男爵いもの水を切り、ボールに移してすり潰す。細かくすり潰した方が餅のような食感になる。

・片栗粉を入れてコネて、一口大の丸に成形する。

・★を混ぜ合わせてタレを作る。

・フライパンに油を引き、いももちを炒める。

・いももちの両面に焦げ色が付いたら、タレを入れて絡める。

4位『ポテチパン』(神奈川県)

《材料》
・ポテトチップス(のり塩味)1袋
コッペパン
マスタード
・キャベツ
・ニンジン
・塩
★こしょう
★マヨネーズ
★青のり

《調理方法》
コッペパンの真ん中を開いてマスタードを塗る。

・キャベツとニンジンをみじん切りにしてボールに入れる。

・ボールに塩を入れて揉み、キャベツとニンジンの水分が出るので絞る。

・ボールにポテトチップスを入れて砕く。

・ボールに★を入れて混ぜ合わせる。

コッペパンに挟む。

3位『ちくわサラダ』(熊本県

《材料》
・ちくわ
・ポテトサラダ
・天ぷらの衣(天ぷら粉)

《調理方法》
・ちくわに縦に切れ目を入れて開く。

・ちくわにポテトサラダを詰める。(ちくわが閉まらないくらい入れてOK)

・ちくわを半分にカットし、天ぷらの衣をつけて170℃の油で揚げ色が付くまで揚げる。

2位『いもフライ』(栃木県)

《材料》
男爵いも
・小麦粉
・パン粉
・中濃ソース
ウスターソース

《調理方法》
・一口大にカットした男爵いもを15分茹でる。

・茹でたいもをタッパに移して、冷蔵庫で一晩寝かせる。

・翌日、男爵いもに串を刺して、水溶き小麦粉に浸けてからパン粉をつける。

・180℃の油でカラッと揚げる。

・中濃ソースとウスターソースを1:1の割合で合わせて、揚げた串いもにかける。

1位『芋煮』(山形県

《材料》
・里芋の水煮
・こんにゃく
・牛肉
・長ネギ
★水(1,000cc)
★めんつゆ(170cc)
★酒(10cc)
★砂糖(小さじ3)

《調理方法》
・長ネギを食べやすい大きさに切っておく。

・鍋に★と里芋の水煮を入れて、火にかける。

・ひと煮たちしたら、手でちぎったこんにゃくと牛肉を入れる。

・里芋に味が染み込んできたら長ネギを入れる。

シメに『カレールウ』と『うどん』を入れれば鉄板の芋煮カレーうどん

どれも、調理が簡単でボリューム満点なので、メインおかずの1品としてだけでなく、おやつとしても最高の料理ばかり。

※分量の記載がないものはお好みで。

-テレビ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

得損『辛口添削』レシピ

スポンサーリンク 2018年3月15日(木)放送の日本テレビ系【得する人損する人《中川大志も仰天!一流シェフの辛口添削で腕自慢の芸能人赤っ恥》】 普段の料理に生かせる特ワザが多かったので記録。 【カル …